キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

ショッピング枠とキャッシング枠

ふたつの枠

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というものがありまして、この二つの違いを抑えておくことも現金化するに当たっては大切な事になります。
そもそもキャッシング枠はお金を借りるということが前提になっている物ですので、これは直裁に言って借金そのものであると言う事が出来ます。

普通に銀行からお金を引き出すつもりでも、間違えてクレジットカードをCD機に入れてしまって気付かぬうちにキャッシング枠を利用していたなんて言う話も耳にします。

キャッシング枠を頻繁に利用しているとその情報が信用情報としてデータに残ることになりますので、後々ローンを組む際に不利になってしまったりする事もあります。

しかし、ショッピング枠を現金化する事ならば信用情報としてデータが残る事はありませんので、節度を守って使えば非常に便利です。

現金化したはいいけれど

現金化する事自体はどのような人でも容易に行う事が可能にはなるのですが、考え無しに乱発しても大丈夫という事ではありません。
普段カードを利用して買い物をする時には、今月は既に3万円分カードを使ってるから、あと2万円分だけに留めよう。
なんて事を考えながら利用しているはずです。

自分の中で設定している金額を上回る金額を現金化するのは大変危険な行為です。

後々になって支払いに苦しめられて、翌月は自由に使えるお金が全く無い。なんてことになってしまっては意味がありません。

カード利用データと現金

カード利用明細に表示されるお金も、実際に現金化で手にしたお金も同じくらいに重みがあるものです。
それに気付かずにただ現金化を利用しているようではいつかきっと後悔してしまうことになるでしょう。

大切なのは節度です。